映画情報

『雪の華』映画あらすじやキャストは?前売り券や試写会イベント情報はこちら!

投稿日:2018年10月29日 更新日:

「雪の華」は、冬の定番のラブソングとしてあまりにも有名な中島美嘉さんの楽曲です。
2018年は「雪の華」がリリースされて15周年を迎えました。
そして、2019年、楽曲をモチーフにした映画が公開されます!
切なくて繊細な楽曲の世界観が、どんな風なストーリーになるのか気になっちゃいますよね。
今回、そんな「雪の華」のあらすじやキャスト、前売り券や試写会情報について調査しました!

「雪の華」映画公開日

映画は、2019年2月1日(金)より公開されます。

冬のラブソングの名曲「雪の華」をモチーフにした作品なので

~い冬にピッタリの映画になりそうですね!

「雪の華」映画あらすじ

「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
幼いころから病気で、幸せになることをあきらめてきた美雪。
余命1年を宣告された彼女の夢は、両親が出会った<約束の地>フィンランドでオーロラを見ること。
そしてもう一つは、人生で初めての恋をすること。
ある日、ひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまった美雪を助けてくれたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔でした。
「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていくのです。
悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけるのです。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていきます。
東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
(参考:公式サイト)

http://wwws.warnerbros.co.jp/yukinohana-movie/intro.html

https://platform.twitter.com/widgets.js

マンガや小説が原作とする作品が多い中、「雪の華」は楽曲をテーマにした映画で、2006年の「涙そうそう」、2010年の「ハナミズキ」の系譜を継ぐ映像化作品となります。
余命わずかなヒロインの「一生に一度の運命の恋」だなんて切なすぎます。
冬のフィンランドも舞台になっているので、切なく美しいラブストーリーになりそうですね!

https://platform.twitter.com/widgets.js
また、公式ツイッターや公式インスタグラムもあるので、最新情報や撮影の様子などもこちらからチェックできます!
公式ツイッター
https://twitter.com/yukinohanamovie
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/yukinohanamovie/

「雪の華」映画キャスト

気になるキャストの方々をご紹介します。
綿引悠輔(わたびきゆうすけ)登坂広臣さん
ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだけど、真っ直ぐな青年。
両親をなくして兄弟を一人で養っています。

平井美雪(ひらいみゆき)中条あやみさん
幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも、両親が初めて出会った憧れの地<フィンランド>に行くことを夢見ています。

https://platform.twitter.com/widgets.js
平井礼子(ひらいれいこ)高岡早紀さん
美雪の母親。
美雪の父とは、フィンランド旅行中に出会って恋に落ち、夫を亡くしてからも病弱な美雪を懸命に育ててきました。
現在は京都でデザイナーとして働いています。

若村(わかむら)田辺誠一さん
美雪の主治医。
彼女の体力を心配しながらも、フィンランドでオーロラが見たいという願いをサポートし優しく見守ってくれます。

岩永(いわなが)浜野謙太さん
悠輔が働くカフェのオーナー。
看板メニューは、ベリーパンケーキ!
面倒見がよくフレンドリーな性格で、悠輔や彼の姉弟たちからも慕われています。

https://platform.twitter.com/widgets.js
ぶっきらぼうだけど真っ直ぐな悠輔は、登坂広臣さんの雰囲気によく合っていますよね!
中条あやみさんの澄んだ美しい表情も、冬のラブストーリーにピッタリです。
プロデューサーを務める渡井敏久さんが、「この2人しか考えられない!」と断言されたのも、よく分かる気がします。
カフェのオーナーの浜野謙太さんも、個性的な存在感でほっこりと笑わせてくれそうで、悠輔と岩永掛け合いも楽しみです!
https://m.tribe-m.jp/news/detail?news_id=16751
https://www.cinematoday.jp/news/N0104159

「雪の華」前売り券情報

前売り券は、悠輔を演じる登坂広臣さん初のソロツアー「HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”」のツアー会場限定で

『雪の華』特別ビジュアルのムビチケが発売されています。

まっすぐな眼差しで遠くを見つめる素敵な姿のムビチケカードになっていて

ツアー会場でしか入手できない特別版なので、登坂広臣さんファンにはたまらない1枚ですね!

価格は、1400円(税込)です。

登坂広臣さんのツアーは8月から始まっていて

ツアーファイナルは12月23日です。

ツアー会場でゲットできる方、羨ましいですね~!

https://platform.twitter.com/widgets.js

10月時点では、前売り券情報は他には出ていません。

ですが、登坂広臣さんバージョンのムビチケカードがあるなら

中条あやみさんバージョンやお2人の2ショットバージョンもあるはず!と思いますし、

一般発売もそろそろあるのではないかと予想できます。

情報解禁まで、もうしばらく待ちましょう!

「雪の華」イベント情報

2018年10月1日~12月31日まで、公式サイトで「雪の華 フォトキャンペーン」が開催されています。
映画「雪の華」のワンシーンと、中島美嘉さんの代表曲「雪の華」のワンフレーズを選んで
“「雪の華」フォト”を作り、ハッシュタグ #雪の華をつけて大切な人に贈ろう!というキャンペーンです。
抽選で豪華賞品がプレゼントされるのですが、その賞品の一つが、「ジャパンプレミアご招待」です!
公式サイトによると、

  • 日程:2019年1月中旬
  • 会場:都内某所

ということのみ発表されています。
当日は、マスコミの取材もあるようです。
詳しいことは、当選をもってお知らせされるのでまだ分かりませんが、とりあえずはキャンペーンに応募しましょう!
ちなみに、もう一つの賞品は、非売品プレスです。
こちらも気になります。
両方欲しいですよね!

https://platform.twitter.com/widgets.js

「雪の華」予告動画

予告動画はこちらです。

予告動画を見ているだけで、切ない世界観があふれてきて、泣けそうですよね。
かなりの感動作になる予感がします!
主題歌はもちろん、中島美嘉さんの「雪の華」です。

そして、劇中の音楽は、世界が誇るヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんが手掛けます。
葉加瀬太郎さんの繊細で力強いヴァイオリンの旋律と、「雪の華」の世界観がピッタリはまりそうで鳥肌ものです!

おわりに

中島美嘉さんの名曲「雪の華」をモチーフにした、映画「雪の華」は、切なくて感動必至のラブストーリーになりそうですね!
公開はまだ先ですが、公式ツイッターなどで最新情報をチェックしながら、楽しみに待ちましょう!


-映画情報
-,

Copyright© プリズム色な日々 , 2019 All Rights Reserved.