ライフスタイル

ベランダとバルコニー、テラスは実は全く違う!?正しい違いを知っておこう 

投稿日:

建物から出っ張っている屋外空間で、屋根や床が付いているのかどうか、

1階にあるのか上の階にあるのかどうか、

それらによって、ベランダ、バルコニー、テラスと呼び方が違います。

ベランダ・バルコニー・テラスの違いとは

ベランダは、建物の外に張り出した屋根がついていて床もある場所です。

マンションを想像していただけると分かりやすいと思うのですが、上の階の床部分が屋根になっているので、自分のお家のベランダは、雨の日でも洗濯物を干すことが出来ますね。

バルコニーは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きの場所のことを指します。

ベランダの屋根がない状態のことです。

 

テラスは、建物の前面にある1階と同じ高さの屋根のない平らな床を指します。

テラスという言葉は、元々「盛り土」を意味しており、レンガやコンクリート、敷石と呼ばれる細かく砕いた小さな石を敷きつめた台状になっていて、建物のドアや窓とつながっています。

実は、ベランダと言われる場所に階数は関係ないのです。

テラスは屋根のないスペースを言うため、1階の屋根が付いているスペースは「ベランダ」というのが正しいのですが、日本では「ベランダ」と言うより「テラス」という場合の方が、最近は多くなってきました。

ベランダ・バルコニー・テラス、日常の生活スタイルでの違い

ベランダ、バルコニー、テラスの違いについて説明します!

ベランダの利点は?屋根があるとないでは大違い!?

ベランダの利点はなんといっても、洗濯物が雨に比較的、濡れずにすむという点ですね。

あなたが共働き世帯で、雨が急に降ってきても洗濯物をすぐに室内に移すことができないという場合は、屋根が付いているベランダがおすすめです。

ベランダやバルコニーは、日当たりの良い南側に設置されているお家が多いと思いますが、南側の夏の日差しと紫外線は、ハンパなく強烈です。

もし、あなたが、南側にベランダかバルコニー設置を考えているようでしたら、または、南側にベランダかバルコニーがあるお家に住むことを検討されているのであれば、ベランダをおすすめします。

室内に入ってくる夏の日差しを少しでも和らげるという利点は、夏のエアコン代節約という利点につながっていきますので、屋根のないバルコニーより屋根のあるベランダの方をおすすめします。

テラスの良い点は?室内干しにおすすめな理由!

一方、1階は屋根があることで、どうしても日当たりが悪くなってしまうので、むしろベランダの屋根を付けず、お庭のようなテラスにして開放感と日当たりを大切にしている施工も最近は、多く見かけるようになりました。

私は以前、注文住宅の営業をしていたのですが、室内干しのスペースを希望されるお客様が多いのにびっくりしたことがあります。

花粉症やアレルギー対策、梅雨や台風時期の対策、防犯面での対策、全部ひっくるめて室内干しの時代のようです。

なので、室内干し専用の洗剤のコマーシャルが多いことも、納得です。

集合住宅のテラス付き1階に住む場合、建物の間取りの取り方によっては、上の階から自分のお家のテラスが丸見えということもあるので、上の階のお宅から見えないようにプライバシーが確保されているのかどうか、住む前に確認することを忘れないようにしましょう。

戸建て住宅の場合のテラスも同様、道路や周りのお家からみえないよう、間取りを十分に配慮して計画しましょう。

ルーフバルコニーという選択肢も!

2階から上で開放感を大切にしたいから、やっぱり屋根のないバルコニーにしたいというあなたには、「ルーフバルコニー」という手もあります。

ルーフバルコニーは、下の階の屋根の部分をバルコニーとして利用していることを指します。

この空間を利用して、ガーデニングやパラソルつきのテーブルとイスを置いてちょっとしたお茶が出来るようにしていることから「ルーフガーデン」や「ルーフテラス」と呼ばれることもあります。

ルーフバルコニーは屋根がありませんが、それ以外の建物から出っ張っている部分を壁にして一部をくりぬいて窓のようにしたり、格子状の壁を付けたりと、プライバシーが守られる形を取っているので、とても人気です。

まとめ

ベランダ、バルコニー、テラスと建築上の違いはありますが、あなたの生活の中で、大切な場所。

ひとりでゆっくりと過ごせる場所、家族と一緒に楽しく過ごせる場所、友人たちとワイワイ出来る場所でありますように。


-ライフスタイル

Copyright© プリズム色な日々 , 2020 All Rights Reserved.