ライフスタイル

プラスチックバッグ有料化対策!おすすめ100均バッグvs手作りお手軽作り方!

投稿日:

コンビニやスーパーで、

買った商品を当たり前のように

プラスチックバックに入れてもらっていたのに、

有料化されて不便を感じている人、

結構、たくさんいらっしゃると思います。

節約のため、

専用のエコバックを買った人も多いのではないでしょうか。

どうせ節約するのなら、

自分らしいステキなエコバックを持ちたいですね。

でも、

買うか作るか、

迷うところであることも事実。

そんなあなたに、

おすすめ100均 vs 手作りお手軽作り方、

ご紹介していきます。

100均ならデザイン色々!高コスパで可愛いプラスチックバッグ10選を紹介!

1)折りたたみキャラクタープラスチックバック

手のひらサイズに折りたたむプラスチックバックは、かなりの種類が

100均からでていますが、

ミッキーマウス、くまのプーさんなど、ディズニーのキャラクターデザインのプラスチックバックも

小さく折りたたむことが出来ます。

 

2)折りたたみバックインバックタイプ

折りたたんで小さくすることが出来るタイプの中でも大人女子ウケまちがいなしです。

小さな小さなプラスチックバックの形をした中に入っているので、、

バックの中にバックがあって、その中からプラスチックバックが出てくるといった感じです。

 

3)折りたたみマルシェタイプ

同じ折りたたみタイプでも、広げるとマルシェタイプになるプラスチックバックもあります。

控えめな色使いの物しかないのが、ちょっと残念ですが、

柄物もあるので、複数枚持っておくには、とても重宝します。

 

5)折りたたみバック・フック付

これは便利。

折りたたんでコンパクトになったバックにフックがついているので、メインのバックに引っ掛けておけば、探す手間いらず。

 

6)保温保冷用プラスチックバック

食品の鮮度を守ってくれる、保温保冷用シートがついているので、

保冷剤を入れておくと食品の鮮度が気になる季節には、もってこいです。

ピンクやブルーなど色や柄の種類も、とっても豊富で、

かなりカラフルで目を引くデザインもありました。

 

7)メッシュタイプ

最初、洗濯ネット?と間違えそうになったこのバック。

とにかく、軽いです。

通気性バツグン、葉物野菜や果物を中心に買う時にオススメです。

 

8)ポリ袋タイプ

ポリ袋なんですが、英字がカリグラフィーロゴになっていて、

色もピンク、エメラルドブルーなど、かなりオシャレなポリ袋です。

使うのがもったいなく感じてしまうほどの高いデザイン性です。

 

9)ポリ袋30枚タイプ

半透明のポリ袋にロゴデザインが施されていて、

こちらのポリ袋もオシャレです。

しかも30枚入りなので、コストパフォーマンスは、最強ですね。

 

10)レジかごに入れるプラスチックバックタイプ

こちらは100均ショップで売られていますが、¥500の商品です。

レジかごに入れるタイプなら、レジで会計が終ってから荷物を入れ替える手間が省けて、

時短で楽チンです。

底が広めで、かなりの量を入れることが出来ます。

アルミシートが中にあるので、保冷にも便利、

紐で口を縛ることも出来るので、かなりコストパフォーマンスが良い商品です。

プラスチックバッグのハンドメイド☆自分だけのオリジナルバッグの作り方!

ここでは一番簡単な

手ぬぐい1枚あればできてしまう方法を伝授します。

手ぬぐいを半分にカットします。

2枚重ねて、持ち手にする部分の真ん中を凹型に12cm×12cmカット、端を縫います。

カットした12cm×12cmの正方形の1枚1枚を長方形になるよう縫い合わせて、好きな太さで2本のヒモを作ります。

袋状に縫い合わせて、口の部分に作った2本のヒモを縫い付けます。

どうですか?

すごくカンタンでしょ?

タオル生地なので、汚れてもすぐに洗濯できます。

まとめ

節約しつつも可愛いプラスチックバッグを買うか作るか迷っているあなた、

いかがでしたか?

自分なりのお気に入りプラスチックバックを見つけてくださいね。


-ライフスタイル

Copyright© プリズム色な日々 , 2020 All Rights Reserved.