ゴールデンウィーク ライフスタイル

関東で人気の川遊びスポットファミリー向け10選!大人も子どもも大満足!

更新日:

だんだんと暑くなってきたので、今年の夏休みをどう過ごそうか悩んでいませんか。

今年は忙しかったから、夏休みは家族と楽しく過ごしたいと思っているあなたに

非日常が味わえる素敵な川遊びスポットをご紹介します。

日帰りで行ける!関東近郊で川遊びができるファミリー向けのスポット10選

関東といっても範囲は広いし、どこがいいのかわからないですよね。

そこで、日帰りで行けるファミリー向けの場所をご紹介します。

非日常を味わえる素敵な場所で家族と素敵な思い出をつくりましょう。

ウォーターパーク長瀞(ながとろ)

埼玉県秩父市にあるキャンプ場です。

荒川に面した場所にあり、デイキャンプや川遊びなどが楽しめます。

一番のおすすめポイントは荒川でライン下りができることです。

ここ長瀞ではライン下りが人気で、国の天然記念物である『岩畳』の美しさを船の上から楽しむことができます。

また、ライン下りはゆったり楽しむだけでなく、時には流れが速いところも通るのでスリル満点です。

大人もこどもも楽しめる要素がいっぱいですね。

氷川キャンプ場

奥多摩にあるキャンプ場です。

奥多摩の大自然を感じながら、バーベキューなどを楽しむことができます。

こちらではカヌーやカヤックを体験できます。

未経験や初心者のかたでも、インストラクターのかたが丁寧に指導してくれるので、安心ですよ。

また、徒歩10分ほどのところに温泉もあるので、川遊びに疲れたら温泉でゆっくり

足をのばすもいいですね。

鬼怒川温泉オートキャンプ場

栃木県日光市にあるオートキャンプ場です。

バーベキューはもちろん、鬼怒川で川遊びや河川公園で散歩も楽しむことができます。

釣り堀もあり、釣った魚はその場で塩焼きにして食べることができます。

施設内に温泉もあり、露天風呂も楽しめますよ。

日ごろの疲れがとれそうですね。

釜の淵公園

都内の青梅市にある公園です。

河原がバーベキューエリアになっており、そこで川遊びなどが楽しめます。

飛び込みスポットもありますが、場所によっては危険なところもあるので注意しましょう。

公園内には芝生広場もあるので、のんびり散策してゆったりとした時間を過ごすこともできます。

ケーニーズ・ファミリー・ビレッジ

埼玉県飯能市にあるキャンプ場です。

名前にもある通り、家族で楽しめる要素がいっぱい詰まっている場所です。

四季に合わせて様々なイベントが行われており、夏にはホタル観賞をすることができます。

設備もきれいにされていて、ママや子どもにも安心して利用できる工夫がされています。

川遊びが苦手だというママさんでもこれなら喜んでくれそうですね。

川井キャンプ場

奥多摩にあるキャンプ場です。

駅から徒歩7分のところにあるので、車がないかたにおすすめの場所です。

とても広い河原が特徴で、川遊びはもちろん釣りなども楽しめます。

天候が悪く、川遊びができなくなってしまっても室内でバームクーヘン作りも体験することができますよ。

バーベキューセットもあり、手ぶらで行くことができます。

電車に揺られながらキャンプ場までの景色を楽しむこともできますね。

大岳キャンプ場

都内あきる野市にあるキャンプ場です。

この大岳キャンプ場は大岳鍾乳洞で行っています。

この大岳鍾乳洞は1962年開業の東京都天然記念物です。

ヘルメットをかぶって入るので、探検家の気分を味わうことができますよ。

もちろん、川遊びやバーベキューも楽しめます。

そして、Wi-Fiはありますが、電波は圏外なので、ネットから離れて思いっきり自然と触れ合うことができそうですね。

コテージ森林村

都内あきる野市にあるキャンプ場です。

秋川渓谷の自然を満喫しながら、川遊びやバーベキューを楽しむことができます。

精肉店直営のキャンプ場なので、お肉の味は間違いなしです。

おいしいお肉を食べながら、川遊びをできるなんて最高ですね。

バーベキューをワンランクアップして楽しみたい方にはおすすめの場所です。

出会いの森総合公園オートキャンプ場

栃木県鹿沼市にある公園です。

大きな公園の一角にキャンプ場があります。

川遊びやバーベキュー、山登り、サイクリングもできます。

近くにはスーパーもあるので、食材が足らなくなったりしたらすぐに駆けこめますね。

近くに温泉もあるので、たくさん遊んだあとに温泉に入ってゆっくり疲れをとりましょう。

オートキャンプ那珂川ステーション

栃木県芳賀郡にあるキャンプ場です。

栃木県と茨城県の県境にある那珂川沿いにあり、バーベキューやラフティングなどが楽しめます。

ここのおすすめポイントはドラム缶風呂です。

なかなか経験できないと思うので、川遊びをしたあと一緒にお風呂に入って楽しむのもいいですね。

要確認!子どもと川遊びをするときの注意事項は?

テントも張ったし、さあ川遊びしよう!

といきたいところですが、注意してほしいポイントが三つあります。

安全に楽しく遊ぶために確認しておきましょう。

熱中症対策をする

炎天下の中、川遊びで涼めるからといっても

遊んでいると汗をかくし、体力を消耗してしまいます。

対策としては、

  • 日焼け止めを塗る
  • ラッシュガードを着る
  • 水分をこまめにとる
  • 適度に休憩をする

こどもは遊んでいると以上のことを忘れがちです。

大人が積極的に声をかけましょう。

川遊び用グッズを用意する

川底は非常に滑りやすいです。

また、けがをしてしまうような流木や瓶などが落ちている可能性があります。

川遊び専用のウォーターシューズを用意して、転倒やけがの防止をしましょう。

また、転倒したときライフジャケットをつけていると

おぼれてしまったときに安心です。こちらも用意しておきましょう。

ライフジャケットを着たくないというお子さんは多いと思いますが、水難事故も少なくはないです。

必ず着て遊ばせましょう。

天候の変化に気をつける

山の天気は変わりやすいです。

雨が降ると川の水の量が急激に増え、流れも速くなり大変危険です。

その場では雨は降っていなくても、上流の方では雨が降っている可能性があります。

川遊びしているところの水の色が濁ってきたら上流で雨が降ったサインです。

川遊びをしている子どもを見守りながら川や雲の変化に気を配りましょう。

まとめ

親子で楽しめる川遊びの場所や遊ぶときの注意事項を紹介しました。

川遊びなどは非日常を味わえて疲れも吹っ飛んでしまいますよね。

また、こどもは川遊びが大好きです。

ですが、川遊びは危険は付き物です。

素敵な思い出をつくるためにも色々準備して家族で楽しみましょう。


-ゴールデンウィーク, ライフスタイル

Copyright© プリズム色な日々 , 2020 All Rights Reserved.