家事育児

あなたの使い方は大丈夫?後片付けと跡片付けの違いとは!?意識を変える3か条!

投稿日:

「あとかたづけ」とありますが、二種類の意味があるのをご存知でしたか?

「後片付け」は、時間的に後で片付けること。

「跡片付け」は、散らかった状態になっている跡を片付けることです。

おなじ「あとかたづけ」でも意味が違いますが、散らかった状態になっているのを片付ける表記としては、一般的に「後片付け」が用いられています。

ここでは、「後片付け」と「跡片付け」の意味や使い方について、お伝えします!

意味がわかると意識が変わる!?後片づけの正しい意味とは?

私は、おもちゃをちらかし放題の我が家の子ども達に「早く、あとかたづけしなさい」と言っていましたが、漢字で書くと「後片付け」をずっと使っていましたし、「跡片付け」という漢字があること自体、恥ずかしながら知りませんでした。

「後片付け」で子供達に言っていたということは、子供達が「あとで(片づけをする)。」と私に返事していたのは間違っておらず、プリプリと怒ってしまっていた私が悪かった…ということになります。

母としては、かなり反省です。

「後片付け」の正しい意味は

散らかった状態を後(あと)で、元の状態にする、または、元の状態に戻すという意味です。

この「後(あと)」という時間的なものが、散らかった直後なのか、数時間後なのか、はたまた数日後なのか、母としての心の許容範囲によって、違ってくるものなのかもしれませんが、「後片付け」ではなく少なくとも「跡片付け」を使っていくべきと、今は思っています。

私が子供達に期待したのは、散らかっている状態を元に戻す「跡片付け」です。

「散らかっているから、きれいに片付けよう。」

「片付けて整理整頓をしよう。」

「今すぐ、片付けよう。」

後片付けの本当の意味が分かると、子供達にかける言葉も変わってきました。

後片付けが苦手な人と得意な人の違いとは!?意識を変える3か条!

同じ人間なのに、後片付けが苦手な人と得意な人の違いって何でしょう?

散らかっていることが平気か平気でないか?

面倒くさがりか几帳面か?

疲れているから片付けられないのか、疲れていないから片付け上手なのか?

もしあなたが、後片付けで悩んでいるのであれば、ちょっとしたコツと意識を変えることで、ずいぶんと変わってきます。

その意識を変える3か条は、

  1. 物の居場所を決めよう
  2. いつも使うものは自分の半径1m以内に置こう
  3. 3年間使っていないものは思い切って手放そう

それでは、詳しく説明していきます。

1・物の居場所を決めよう

後片付けが文字通り、後々まで引き延ばしてしまい、部屋が散らかり放題で片づける気力も出てこない…なんて、経験ありませんか?

そうなる前に物の居場所、すなわち定位置を決めておきましょう。

たとえば、通学や通勤で使うバックですが、疲れて帰宅して自分の体と一緒にソファーへドカンと置いたり、違う日には、テーブルの椅子に座ったと同時に横の椅子に置いたりしていませんか?

帰宅したらバックは「ここ」と定位置を決めてあげましょう。

バックだけでなく、たとえばティシュボックス。

使うたびにあちらこちらに移動していて、いざ必要な時に見つからず、探すのに時間がかかったなんてこと、ありませんか?

ティシュボックスも定位置を決めて、使い終わったら元の場所に戻すようにすれば、「あれっ、どこ置いたかな?」なんて、探す時間のロスもなくなります。

2・いつも使うものは自分の半径1m以内に置こう

スマートフォン、ゲーム機、パソコンやタブレット、洋服やボールペンに至るまで、普段、よく使うものの定位置は、自分の半径1m以内に置くようにしましょう。

自分がよくいるのがリビングなら、リビングのよくいる場所で手を伸ばせば届くところを、自分の部屋によくいるのなら、自分の部屋のよくいる場所で手を伸ばせば届くところを定位置にします。

離れた場所にある物を自分の近くに持ってくるから、元の場所に戻すことが面倒で、ついつい散らかってしまうので、元々の在る場所を自分の近くにするのです。

電子機器は、周辺機器も近くにおいておけるよう、それ専用の箱や棚を利用してもよいと思います。

自分の周辺が物で溢れないようにする工夫として、100均で売っている小さな収納箱を利用するのも工夫の一つです。

3・3年間使っていないものは思い切って手放そう

ここ数年、断捨離という言葉をよく聞くようになりました。

簡単に言うと、不要なものを減らして生活の質を向上させることなのですが、クローゼットや整理タンスの中に3年間使っていない洋服や頂いたままの結婚式の引き出物など眠っていませんか?

洋服やアクセサリーは思い入れがあると思いますが、3年間着ていない、使っていないとなると、この先の出番の可能性は、かなり低いです。

それらをフリーマーケットに出したり、なんらかの方法で思い切って処分しましょう。

空いた空間に今、使っているものを新たに入れると、ずいぶんと整理整頓が進みます。

まとめ

「後片付け」と「跡片付け」、同じ読み方でもずいぶんと意味が違いました。

今すぐ片付けるのか、後々片付けるのか、言葉の意味を知ることで意識がずいぶんと変わってきます。

自分だけでなく、家族の片付けであなたが悩んでいるのであれば、あなたから率先して意識を変える3か条を実践してみてください。

家族にも声を掛けながら、実践していくことで家族みんなの行動が変わってきます。

これをきっかけにがんばってみてくださいね!


-家事育児

Copyright© プリズム色な日々 , 2020 All Rights Reserved.